MENU

母の日は胡蝶蘭!カーネーション以外でおすすめの花【2023年版】

母の日は胡蝶蘭!カーネーション以外

<本サイトは記事内にPRが含まれています>

母の日が近づいてきましたね。

母の日にカーネーション以外の花を探している方へ

母の日前になるとカーネーション価格が驚くほど上がりますよね。しかし、高い割にはカーネーションは日持ちもしないし、価格だけ高くなって、、、

お母さんへの感謝の気持ちを伝えるために、定番のカーネーションではなく、新しい選択肢として胡蝶蘭はどうでしょう。

母の日に胡蝶蘭を贈る

みんな大好き母の日、今年はどんなプレゼントをお母さんにしようか迷っているあなたへ、新しい素敵なアイデアがあります!カーネーションじゃない、とっても画期的なプレゼントをご紹介します。

それは、美しい胡蝶蘭のお花なんです🌸 見た目がとてもキレイで、お部屋に飾ると一気に華やかになるんですよ。お母さんもきっと喜んでくれること間違いなし!

カーネーションだけじゃなく、胡蝶蘭で母の日をもっと特別にしませんか?お母さんへの感謝の気持ちが、この素敵な胡蝶蘭から伝わることでしょう。

母の日のカーネーションは価格と大きさで『ミディ種の胡蝶蘭』がおすすめ!

目次

母の日に胡蝶蘭を贈る

胡蝶蘭といえば綺麗だけどい価格が高すぎると思われる方も多いと思いますが、母の日の贈り物に人気は小型のミディ種とよばれる胡蝶蘭です。大型の胡蝶蘭より価格がリーズナブルでカーネーションと同じくらいの価格で素敵な鉢植えが購入できるのが魅力です。

胡蝶蘭は、その美しい花姿と華やかさから、お祝いの際によく贈られる花として人気があります。特に、母の日にはピンクの胡蝶蘭がおすすめです。柔らかく優しいイメージがあり、花言葉は「あなたを愛しています」。まさに母の日にぴったりの贈り物です。

さらに、胡蝶蘭は長期間楽しめることも魅力のひとつ。お母さんが毎日その美しさを目にすることで、あなたからの感謝の気持ちが伝わり続けます。

また、胡蝶蘭は多くの種類があり、お母さんの好みやインテリアに合わせて選ぶことができます。特にミディ種の胡蝶蘭は、大輪よりも気軽に贈りやすいサイズ感で、女性に喜ばれる可愛らしいデザインや色合いが豊富です。

こちらの記事では母の日に贈るカーネーションと胡蝶蘭のメリット・デメリット比較しています。

この母の日、カーネーションではなく、素敵な胡蝶蘭を贈って、お母さんに感謝の気持ちを伝えましょう。きっと喜んでもらえること間違いなしです!

母の日のカーネーションは価格と大きさで『ミディ種の胡蝶蘭』がおすすめ!

母の日にカーネーションではなく胡蝶蘭を贈るメリット

母の日にカーネーションではなく「胡蝶蘭を贈る」メリットは以下のようなものがあります。

贈る側のメリット

オリジナリティ: カーネーションが一般的な母の日の贈り物であるため、胡蝶蘭を贈ることで個性を表現できます。
高級感: 胡蝶蘭は高級なイメージがあり、特別なプレゼントとして喜ばれます。
長持ち: 胡蝶蘭は比較的丈夫で、適切なケアをすれば長期間楽しむことができます。
見た目: 胡蝶蘭は美しい花が咲くことで、インテリアとしてもおすすめです。

貰う側(お母さん)のメリット

新鮮なサプライズ: カーネーションを期待しているため、胡蝶蘭を贈られると驚きと喜びを感じることができます。
装飾品として: 胡蝶蘭は美しい花が咲くことで、お部屋のインテリアとして楽しむことができます。
長期間の楽しみ: 胡蝶蘭は長持ちするため、長期間楽しむことができ、贈り物の記憶を長く保つことができます。
癒し効果: 胡蝶蘭は美しい花が咲くことで、心身のリラクゼーション効果も期待できます。

母の日に贈る胡蝶蘭とカーネーションのメリット・デメリット比較

母の日に贈る胡蝶蘭とカーネーションのメリット・デメリットを以下の一覧表にまとめました。

項目 メリット デメリット
胡蝶蘭 ・長持ちし、インテリアとしても楽しめる
・珍しさと特別感があり、サプライズ効果がある
・季節を問わず楽しめる
・観葉植物として、空気の浄化作用がある
・価格が比較的高め
・お手入れが必要
・場所をとることがある
カーネーション ・母の日の定番で、母への感謝の象徴
・手頃な価格で購入できる
・豊富な色やデザインが選べる
・切り花であるため、場所を選ばず飾ることができる
・切り花であるため、持続性が低い
・母の日の定番であり、サプライズ性が低い
・他の人と同じプレゼントになる可能性がある

この表を参考に、贈る相手の好みやライフスタイルに合わせて、胡蝶蘭かカーネーションのどちらを贈るかを検討してください。どちらにもそれぞれの魅力があるので、贈りたい気持ちが伝わるような選択を心がけましょう。

胡蝶蘭の花言葉とカーネーションの花言葉は

ChatGPT

胡蝶蘭とカーネーションの花言葉は以下の通りです。

胡蝶蘭の花言葉:

  1. 「幸福が飛んでくる」
  2. 「優雅」
  3. 「美しさ」
  4. 「永遠の愛」 胡蝶蘭は繊細な美しさと優雅さが特徴であり、幸福や愛を象徴する花言葉が付けられています。

カーネーションの花言葉:

  1. 「母への愛」
  2. 「感謝」
  3. 「純粋な愛」
  4. 「尊敬」 カーネーションは母の日に贈られることが多いため、「母への愛」や「感謝」を表す花言葉が付けられています。また、色によって花言葉が異なることがあります。例えば、赤いカーネーションは「愛情」や「情熱」、ピンクのカーネーションは「感謝」や「永遠の愛」を象徴しています。

これらの花言葉を参考に、贈る相手への想いを込めたプレゼント選びができます。

母の日に贈る胡蝶蘭の選び方

母の日に贈る胡蝶蘭には、以下のような要素が求められます。

柔らかく優しいイメージを持つピンクの胡蝶蘭がおすすめです。ピンクの胡蝶蘭の花言葉は「あなたを愛しています」であり、母の日にぴったりです。
お母さんの好みや自分の感性を大切にして、胡蝶蘭を選ぶことが重要です。相手のことを考えながらプレゼントを選ぶことで、気持ちが伝わります。

母の日に喜ばれる胡蝶蘭の種類

母の日に喜ばれる胡蝶蘭の種類は以下のようなミディ種と呼ばれる種類の胡蝶蘭です。

ミディ胡蝶蘭「ティアモ」:華やかで艶やかなピンク色がお部屋のインテリアとしても映える品種です。
ミディ胡蝶蘭「リーチ―」:白い花びらに、花の中心にあるリップ部分のピンク色が映える品種で、クラシカルな見た目が扱いやすいです。
ミディ胡蝶蘭「ナオミゴールド」:カナリアのようなイエローの花びらと、リップのピンクが目を引く品種で、鮮やかな花色が見る人を明るく元気にしてくれます。
ミディ胡蝶蘭「リトルプリンセス」:白地に可愛らしいピンクストライプが入った花びらに、リップの部分のマゼンタ色がアクセントになっており、濃いグリーンの葉とのコントラストも美しい品種で、お祝いごとにも喜ばれます。

これらの胡蝶蘭は、母の日に贈ると喜ばれること間違いなしです。選ぶ際は、お母さんの好みや自分の感性を大切にし、相手のことを考えながらプレゼントを選ぶことが大切です。

母の日に胡蝶蘭のミディ種が選ばれる理由

母の日にミディ種が喜ばれる理由

サイズ感:ミディ種は大輪胡蝶蘭の花を2回りほど小さくした品種であり、大輪系よりも気軽に贈りやすいサイズです。これにより、受け取るお母さんも持て余さず、インテリアとしても適したサイズ感で楽しめます。

人気:母の日の贈り物としてミディ種の胡蝶蘭は人気があります。その理由は、上記のサイズ感や扱いやすさに加え、品種のバリエーションが豊富で、可愛らしいデザインや色合いが多く存在するからです。

女性に喜ばれるデザイン:ミディ種の胡蝶蘭には、女性に特に喜ばれる可愛らしいデザインや色合いの品種が多くあります。これにより、お母さんに喜んでもらえるプレゼントとして適しています。

価格:大型の胡蝶蘭より価格がリーズナブル、カーネーションと同じくらいの価格で素敵な鉢植えが購入できる。

汎用性:ミディ種の胡蝶蘭は、お祝い事や贈り物として幅広く使える品種が多いため、母の日以外の機会でも贈ることができます。

これらの理由から、母の日に贈る胡蝶蘭としてミディ種に人気があります。

母の日のカーネーションは価格と大きさで『ミディ種の胡蝶蘭』がおすすめ!

まとめ:

母の日に何を贈ろうか悩んでいませんか?カーネーションは定番ですが、何か特別なプレゼントを贈りたいと思っている方も多いでしょう。

カーネーションだけでは、他の人と同じでサプライズ感がなく、自分の感謝の気持ちが十分に伝わらないかもしれません。しかし、何を贈れば母が喜んでくれるのか分からず、悩んでいる方もいるでしょう。

そんな悩みを解決するのが、母の日に贈る胡蝶蘭です。胡蝶蘭は美しく、長期間楽しめることから特別なプレゼントとして最適です。さらに、観葉植物として空気の浄化作用があり、お部屋にも役立ちます。

今なら通販サイトで母の日特別セットがあります。数量限定で、先着順になりますので、お早めにお申し込みください。

ぜひこの機会に、母の日に胡蝶蘭を贈って、あなたの感謝の気持ちを母に伝えましょう。以下のオンラインショップから簡単にご注文いただけます。

お母様の笑顔が見たい方は、今すぐアクセスしてください!

母の日のカーネーションは価格と大きさで『ミディ種の胡蝶蘭』がおすすめ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる